ダイエット・健康

ダイエットは食べても良い油で痩せる!

投稿日:

ダイエットにおいて油は太ってしまうというイメージが強くありますよね。

言い換えるのであれば、脂質ということです。

脂質はそのまま脂肪になってしまうと思い、とにかく摂取を避けているという方もいるかもしれません。

しかし、この脂質も重要な栄養素となりますので、すべてカットしてしまうのは、カラダに良くありません。

油にも、「摂るべき油」と「避けるべき油」があるということです。

ダイエットでもこの摂るべき油、つまり食べても良い油を取り入れることで健康的に痩せることができるのではないでしょうか。

今回は、摂るべき油と避けるべき油について説明していきます。

脂質

脂質が分解されると脂肪酸というものに変わります。

脂肪酸は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」というものに大きく分かれます。

そして、不飽和脂肪酸は「一価不飽和脂肪酸」「多価不飽和脂肪酸」というものに大きく分かれていきます。

次からこれらの脂肪酸について説明していきます。

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は、肉、牛乳、バター、チョコレート、ココナッツ油、パーム油などに多く含まれています。

脂肪を多く含む肉や、パン、ケーキなどの菓子でたくさん摂取してしまう傾向にあります。

つまり、我々が「摂りすぎてしまっている油」です。

また、 飽和脂肪酸の多量摂取は、心血管疾患のリスクが上がってしまうといわれていますので、摂りすぎには注意が必要です。

不飽和脂肪酸

次に不飽和脂肪酸である、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸について説明していきます。

一価不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸は「オメガ9」とも呼ばれています。

この脂肪酸は糖やタンパク質で体内合成ができるため、積極的に摂取する必要はありません。

しかし、この後で説明する「オメガ6」の摂取を減らすために変わりに使用すると良い油です。

オリーブ油、ごま油、キャノーラ油などがあります。

多価不飽和脂肪酸

多価不飽和脂肪酸には「オメガ6」と「オメガ3」という2つの分類ができます。

オメガ6」は、なたね油、ひまわり油、大豆油などに多く含まれています。

特に揚げ物などで多く摂取してしまうと一日の必要量をオーバーしてしまいます。

こちらも摂りすぎには注意が必要な油で、多くの方が摂りすぎてしまっているかもしれません。

先ほど説明した、オメガ9の油で代用するのが良いかもしれませんね。

オメガ3」は、エゴマ油、亜麻仁油、クルミなどのナッツ類、青魚などに多く含まれています。

これらを多く摂取したところ、一部のがんの発生リスクの低下やうつ病、認知症などに効果があるかもしれないとされています。

また、抗炎症作用や血液をサラサラにする作用もあると言われています。

一般的にこの脂肪酸が私たちに不足していると言われていますので、積極的に摂るべき油と言えそうです。

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸は、加工して作られた自然界には存在しない油です。

マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングなどがあります。

ファーストフードの食品やパン、スナック菓子などにも多く使われています。

からっとした揚げ物、サクッとした菓子など良い食感が得られ、長持ちさせるためにこれらの油を多く使用しているのです。

しかし、トランス脂肪酸は心臓疾患との強い関連が報告されているのです。

このトランス脂肪酸に関しては多くの国で問題となり規制がされているようです。

もちろんですが、トランス脂肪酸の摂取は控えるべきでしょう。

まとめ

飽和脂肪酸やトランス脂肪酸、オメガ6などの油はなるべく摂取を避けたほうが良いでしょう。

また、これらの油が多く使用されている食品はカロリーが高く、ついつい食べ過ぎてしまうような加工がされていることが多いのです。

そうなってしまうとダイエットどころではありません。

オメガ9の油は積極的にとる必要はありませんが、オメガ6の代わりに使用するのが良いでしょう。

オメガ3は取り入れたい油と言えますので、ダイエット中だからといってカットせずに摂取していくことをおすすめします。

-ダイエット・健康

Copyright© なにかひとつくださいブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.